シフルIT

English

ホーム » 自作PG » プログラム詳細

型板

テンプレートを用いて複数のテキストを生成するツール型板の紹介ページです。

仕様

名前型板
概要テンプレート・TSVファイルを用いて複数のテキストファイルを生成する
UICLI
対応言語日本語対応
開発環境Visual Basic .NET 2010
著作権者村瀬貴幸

特徴

デモ画像

デモ画像は準備中ですpq

ファイル構成

型板のZIPファイルを展開すると、下記のファイルが現れます。

  • replace.txt - 置換データテーブル
  • kataita.exe - プログラム本体。型板を使う時はこれを実行
  • kataita.exe.config - プログラム設定ファイル
  • template.txt - テンプレートファイル

動作環境

必要マシン性能

ほぼ文字列処理なので軽いです。NET Framework 4.0 Client Profileが正常に動作する環境ならば動作するはずです。

動作確認は CPU 2GHz, メモリ2GHz の環境で行いました。

依存ライブラリ

利用

インストール

ページ下部のダウンロードにてソフトウェアのZIPファイルをダウンロードし、好きな場所に展開してください。

アンインストール

インストール時に生成されたフォルダを削除してください。

型板はレジストリへの書き込みを行いません。

実行手順

下記手順で実行してください。

  1. 置換データテーブルを記入
  2. テンプレートを記入
  3. プログラム本体を実行

置換データテーブルを記入

同梱した replace.txt の書き方です。文字コードには UTF-8, UTF-8N が使用出来、開業コードはCRLF固定です。

テキストエディタで開けば大体推測できそうですが、一番左の列は保存先ファイル名。一番上の行が置換元になる文字列。他は置換先の文字列です。

テンプレートを記入

同梱した template.txt の書き方です。文字コードには UTF-8, UTF-8N が使用出来、開業コードはCR, LF, CRLF が使用できます。

プログラム本体を実行

展開したフォルダ内の SifrKataita.exe を実行してください。

設定

同根ファイル SifrKataita.exe.config の実体はXMLファイルで、設定情報が格納されています。

下記template.txtの部分を変更すると、テンプレートのパスを変更できます。

	<setting name="template_path" serializeAs="String">
		<value>template.txt</value>
	</setting>

下記replace.txt部分を変更すると、置換テーブルのパスを変更できます。

	<setting name="replace_table_path" serializeAs="String">
		<value>replace.txt</value>
	</setting>

下記Value内を変更すると、出力先ディレクトリを変更できます。

	<setting name="output_directory" serializeAs="String">
		<value />
	</setting>

下記UTF-8Nの部分を変更すると、出力文字コードを変更できます。

	<setting name="output_codeset" serializeAs="String">
		<value>UTF-8N</value>
	</setting>

注意事項

  • 型板はフリーソフトウェアです。有償での再配布・逆コンパイル・リバースエンジニアリングを禁止します。
  • 作者は型板に不具合が生じても修正する義務を負いません。
  • 自己責任でご利用ください。作者は一切責任を負いません。綺麗なお姉さんにお願いされたとしてもです。

ダウンロード

日付 ダウンロードリンク ヴァージョン コメント
2012/02/04 型板 100 100 Release

サイドメニュー